安心して住めるか確かめる土壌汚染調査は欠かせない

専門知識と技術が必要

地盤調査

調査している安心感

農作物を育み、生活の基盤ともなる土地がもし重金属などで汚染されているとしたら、直接的には農作物を汚染し、健康への影響が心配されます。また、その土地を所有している企業に取って企業イメージが低下し、土地の資産価値も低下するといった間接的影響もあります。平成15年に土壌汚染対策法が施工されたことによって、有害物質を取り扱っていた工場を廃止またはその土地を売却するときには必ず土壌汚染調査をしなければならないことになりました。また、義務ではなくても企業イメージを落としたくない企業や個人的にも購入する土地が汚染されていないお墨付きをもらうために任意で土壌汚染調査を受けることも多くなってきました。土壌汚染調査は信頼性のある結果を出さなければならないため、土壌や地質や地下水などの専門的知識を有していなければできない調査です。そのため、確かな知識と技術、それに経験を持った企業のみが土壌汚染調査を行える指定調査機関として環境大臣に認定されています。しっかりと土壌汚染調査を行い、結果によっては対策を行っていれば、様々なメリットが生まれます。もともと工場跡地で土壌汚染調査が行われていなければ、汚染の心配から土地価格は下がってしまいます。しかし、調査が行われていて汚染の心配がなければ土地価格は維持されます。また、調査を行っているという企業としての信頼が向上し、いざ土地を売却するときでも土壌汚染調査が行われているということで取引も素早く行われる傾向があります。