安心して住めるか確かめる土壌汚染調査は欠かせない

調査の流れ

工事現場

有害物質の有無を調査

有害物質を取り扱う工場を閉鎖することになった場合や、3000平方メートル以上の土地を形質変更する場合には、土壌汚染調査が義務づけられています。土壌汚染調査は土の中に有害物質があるかどうかを調べる調査で、主に人への健康被害がないかをチェックするために行います。土壌汚染調査は自主的に行う場合でも、法的に義務づけられているため行う場合でも同じ手順で行われます。まず行うのは現場調査です。古地図や過去の調査結果、そして航空写真や登記簿などを確認して、利用者や周辺住民、自治体などへの聞き取りを通します。このように利用状況と有害物質汚染のおそれがあるかどうかをチェックします。これらの調査をもとに、土壌汚染の可能性が高いエリア、土壌汚染の可能性がありうるエリア、土壌汚染の可能性がないエリアに分割します。その後、土壌汚染の可能性がないエリアは調査を行いませんが、少しでも土壌汚染がありうるエリアは調査を行います。可能性が高いエリアでは10平方メートル間隔で格子状にエリアを区切ります。可能性が高くないエリアでは30平方メートル間隔です。この格子状に区切ったブロックの中心部からそれぞれ土を採取し分析します。土壌汚染調査は対象となる汚染物質がガス状のこともあるため、その場合は地表からガスをチェックする分析器を入れて分析します。固体や液体の場合は混合分析を行います。結果によっては、土壌を浄化する必要があります。それぞれ法的な基準が定められています。