安心して住めるか確かめる土壌汚染調査は欠かせない

土地購入時の注意点とは

工場の跡地を売買するときは土壌汚染調査を行うことが義務付けられています。これは汚染物質による健康被害を防止するためのものです。一般的な土地売買においても土壌汚染調査を行えば購入希望者は安心して契約できます。また、販売者はトラブルを防止することができます。

専門知識と技術が必要

土壌が汚染されていると企業イメージの低下や資産価値の低下といった影響があります。法律によって土壌汚染調査が義務づけられていたり、任意でも土壌汚染調査をすることが増えています。土壌汚染調査は専門の知識と技術が必要なので環境大臣による指定調査機関を使うようにしてください。

調査の流れ

土壌汚染調査は有害物質を扱っていた工場を閉鎖する場合などに行われます。そして、まず行うのは登記簿や古地図、周辺への聞き取りなどによる現場調査です。汚染可能性が高いエリアは土を採取して分析を行ないます。また、汚染があった場合は浄化する必要です。

汚染の調査で安心を得る

作業員

生活の変化に伴い依頼

専門の業者に土壌汚染調査を依頼すると、その土地の安全性が分かります。敷地内の土壌汚染のレベルが気になる状況は、色々なシーンで発生します。土地を新たに購入した時や売却を検討している時、お店や工場の稼働を中止する時などが、例えば考えられる状況です。このようなシーンで土壌汚染調査を行うと、安心というメリットが得られます。自身の生活はもちろん、状況次第では顧客や周辺の住民にも安心を与えられるのが土壌汚染調査という作業です。一部のお店や工場などは、特に土壌汚染が懸念されます。病院などの医療施設も、いざ敷地を売却ということになれば土壌の安全性をアピールすることが必要です。業者による土壌汚染調査は、様々な形で役立っています。土壌汚染調査で、万が一汚染が見つかったら、すぐに対応をする必要があります。土壌汚染調査を請け負う業者の多くは、土壌汚染の解消についても相談にのります。自ら汚染解消の作業を行う業者もありますので、正常なレベルに土壌を戻すまでのプロセスもスムーズです。汚染調査のプロセスでは、時に行政への届け出などが必要になりますが、専門業者に相談をすれば、具体的な手続きの方法なども逐一教えてもらうことが出来ます。その都度、状況に合わせて必要な対応が受けられますので、業務を円滑に進める上でもプラスです。土壌汚染調査の必要度は、その土地を使用していた年数やこれまでの経緯などによっても変わってきます。